ハンガリー - ABOUT HUNGARY -


ハンガリーは中部ヨーロッパにあり、二千年の歴史を持つローマ時代の遺跡や四百年前のトルコ時代の史跡が多く残されています。ヨーロッパに投げられたアジアの石といわれ、ヨーロッパ諸国で唯一アジア系民族の国。現在では混血が進み進容貌からアジアを連想することは難しいが、名字が名前の前にくるなど日本人との共通点も多く、概して日本人には好意的だ。ロマネスク様式の美しい教会や古城など名所旧跡が全国にあり、中央ヨーロッパで最大の湖「バラトン湖」はいつも行楽客で賑わっています。100ヶ所以上の温泉から湧き出している温泉は健康回復に効果があるといわれ観光客に人気です。また、ハンガリーの豊かな民族色と牧畜生活の伝統をたっぷりと見せてくれる騎馬ショーは多くの人々をハンガリーの大平原にひきつけてやみません。世界でもっとも美しい首都の一つと言われているブダペストは「ドナウの真珠」とも呼ばれ、その素晴らしいパノラマはユネスコの世界遺産に指定されています。二千年の歴史を持つローマ時代の遺跡や四百年前のトルコ時代の史跡が残されています。ロマネスク様式の美しい教会、ヤーク、レーベーニセ ントミクローシュ、パノンハルマや、ハンガリー国が誇る古城、エゲル、シュメグ、シクローシュ、今はホテルとなっている豪奢な遺族の館、シラーク、 シェレゲーエシュ、ナジェツエンクなど、名所旧跡が全国にあります。多彩な魅力に惹かれ、この国を訪れる人々は後を絶たない。

ハンガリーの村として登録された世界遺産 - SPECIAL TOPIC -

ホッロークーは、世界で初めて、村としてユネスコにより世界遺産に登録された村です。チェルハート山地の懐に抱かれた、ひなびた山村は中世そのままの世界を残しています。「生きた博物館村」にある、58棟の保存家屋と村の白いローマカトリック教会は、1909年 の火事の後に再建されて以来、何も変わっていません。200年前の郵便配達人の服装や武器を展示した郵便博物館や機織道具を展示した織物館、チェルハート山地の地形や化石、考古学の発掘品を展示したビュック国立公園の展示館、伝統的な暮らしや三世代家族の生活習慣などを紹介した農村博物館など、どれも興味深いものばかりです。また、お馴染みの色とりどりの民族衣装がとけ込む古村落です。

ハンガリーツアー情報 - TOUR INFO -