厳しい気候の中で誕生した仏教の故郷を訪れる
仏陀の足跡を求めて  ~インド 仏教遺跡めぐり~

 

 

旅行代金 122,000円~/人 最少催行人数 2名 受付最少人数 1名
最短出発日 受付後10日後 出発地 成田/名古屋/関空
国名 インド 都市 シャーロットタウン

 

 ツアーご案内 - INFORMATION -

 
紀元前5世紀頃、シャーキャ(釈迦)族の王子として生まれたゴータマ・シッタルダは何不自由ない王子の暮らしの全てを捨て、29歳で厳しいインドの大地へと求道の旅に出ます。約6年におよぶ修行の旅の後にウルベーラの森の中、菩提樹の下で悟りを得、仏陀(目覚めた者)となったのです。それから80歳で生まれ故郷を目指す旅の途中、入滅の時を迎えるまで、彼は説法を続け、弟子達や信徒達につくしました。

暑季の気温40度を超える北インドの苛酷な環境の中で、一人の修行僧が悟りを得て誕生した仏教。雨季には虫さえも殺生しないようにと雨安居に篭るような精神と、その精神を受け入れる人々が住んだ土地。目で『見る』だけではない、誰もが各々の精神で何かを感じられる旅となることでしょう。

 

    

 
 

  オススメポイント - RECOMMEND -

 

成道の地ブッダガヤのマハボディ寺院(大菩提寺)は世界遺産に登録されています。
入滅の地クシナガルの安らかな涅槃像のお顔が印象的です。夜明けの頃に静かに響く読経の声に、古のままであろう風景に、心安らぎます。
ナーランダ大学址は仏陀とは直接関係がありませんが、5世紀~12世紀まで世界最大級の仏教大学でした。日本でもおなじみの『西遊記』の三蔵法師のモデル『玄奘』が学んだ大学です。
仏教遺跡だけに興味があるなら、ヴァラナスィから飛行機でデリーに戻っても良いし、10月~3月にはバンコクからブッダガヤに国際線が飛んでいるので、ブッダガヤを起点にした仏教遺蹟めぐりができて、時間が足りない人には便利ですよ。

 

参考スケジュール - TOUR SCHEDULE -

 

日程 都市名 スケジュール
1 日本発 航空機にて空路、デリーへ。
デリー空港着 到着ゲートにて現地係員がお出迎え。
現地係員とともにデリー市内のホテルへ。
着後チェックイン。
【デリ- 泊】
2 マンガリ滞在 早朝、ホテルにてモーニング・ティー後鉄道駅へご案内。
デリー駅から鉄道にてラクナウ駅へ。
(車内にて朝食をお召し上がりください。)
ラクナウ ラクナウ市内レストランにて昼食後、専用車にてサラバスティへ。
サラバスティ 宿泊ホテルへチェックイン。
夕食は宿泊ホテルレストランでお召し上がりいただきます。
【サラバスティ 泊】
3 サラバスティ

ホテルにて朝食後、サラバスティ(舎衛城)観光へ。

サヘート(祇園精舎)
正式には『祇樹給孤独園精舎』。
雨季を過ごす『雨安居』で、仏陀はこの地で最多23回の安居の時期を過ごしています。
アングリマーラのストゥーパ跡
人を殺しては指を切り取っていたアングリマーラは仏陀に出会い、その行いを後悔し、仏教に帰依しました。
スダッタ長者屋敷跡
当地で貧しくて孤独な人々に食事等を給していた大富豪で『給孤独長者』と呼ばれていました。
祇園精舎を仏陀に寄進しようと考えた人物スダッタ長者の屋敷跡です。
『祇樹給孤独園精舎』の名も彼の呼び名に由来しています。

ルンビニ 宿泊ホテルへチェックイン。
夕食は宿泊ホテルレストランでお召し上がりいただきます。
【ルンビニ 泊】
4 ルンビニ

ホテルにて朝食後、ルンビニ聖園(生誕の地)観光へ。

母マーヤは出産のために実家へ里帰りの途中、このルンビニ園で王子を出産しました。母の脇の下から産み落とされた赤子はすぐに7歩歩き、「天上天下唯我独尊」と言ったと言われています。
・マーヤ聖堂
生誕の地を示すマークストーンがあります。
・アショカ王の石柱
・プスカリニ池
王子が産湯につかったと言われています。

ホテルレストランにて昼食後、専用車にてクシナガルへ。

クシナガル

宿泊ホテルへチェックイン後、クシナガル(入滅の地)観光へ

ニルヴァーナ ストゥーパ
大涅槃寺
長さ6mの涅槃像があります。
ラマバール ストゥーパ
仏陀が荼毘に付された場所に建てられました。

夕食は宿泊ホテルレストランでお召し上がりいただきます。
【クシナガル 泊】

5 クシナガル 朝食後、ダーク島一日ツアーへ出発。自由行動。
15時頃、ミッションビーチへ移動しマンガリフォールズへ戻ります。
【レインフォレストロッジ 泊】
ヴァイシャリ ヴァイシャリ観光
仏陀が最後にこの地を訪れたのは入滅の3ヶ月前。ここで、弟子に「自灯明、法灯明」(仏陀がいなくても、自らを頼りとし、法をよりどころとすべきであることを説く教え)を説き、「アーナンダよ、ヴァイシャリは真に心安らぐところだ。」と語り、3ヶ月後の自分の入滅を予言しました。彼の入滅100年後、第2回の結集(経典編纂集会)が開かれた場所でもあります。
パトナ 宿泊ホテルへチェックイン。
夕食は宿泊ホテルレストランにてお召し上がりいただきます。
【パトナ 泊】
6 パトナ ホテルにて朝食後、専用車にてナーランダへ。
ナーランダ ・ナーランダ大学址観光
5世紀に建設され、12世紀にイスラム教徒によって破壊されるまで仏教学の国際的大学として多くの学僧が学んでいました。7世紀に玄奘が滞在した頃には1万人もの学僧がいて、世界最大級の大学でした。
ラージギル

ラージギル市内レストハウスにて昼食。

ラージギル観光
出家した王子が修行に入った地でもあり、晩年の仏陀が滞在して多くの説法をなした地として有名です。
グリッダクッタ(霊鷲山)
仏陀が弟子達に法華経を説いたとされる場所。今も仏陀が常在すると言われる聖所です。
竹林精舎
仏陀に帰依したビンビサーラ王がカランダ長者の寄進した竹林に伽藍を建立した仏教最初の寺院です。仏陀は雨安居として祇園精舎に次ぎ多くの雨季をここで過ごし、法を説きました。
ビンビサーラ牢獄址
ビンビサーラ王が実の息子に幽閉された牢獄址です。

ブッダガヤ 宿泊ホテルへチェックイン。
夕食は宿泊ホテルレストランにてお召し上がりいただきます。
【ブッダガヤ 泊】
7 ブッダガヤ

ホテルにて朝食後、市内観光へ。

ブッダガヤ(成道の地)観光:
《世界遺産》 マハボディ寺院(大菩提寺)
修行山を降り、ウルベーラの森に辿り着いたシッタルダは菩提樹の木陰で瞑想に入った後、ついに35歳の時に仏陀(目覚めた者)となったのです。この菩提樹(現在の樹は4代目か5代目と言われています。)を祀るのがマハボディ寺院です。

宿泊ホテルにて昼食。

ニランジャナ川(尼連禅河)
山での激しい苦行で悟りを得られないシッタルダは山を降り、この川で身を清めました。
セーナー村(スジャータ村)
激しい苦行で弱った心身で修行山を降りたシッタルダは村娘スジャータが供養してくれた乳粥によって生気を取り戻し、坐禅を組み、心身を整えて、瞑想に入ります。
・各国寺院
アジア各国がこの地に仏教寺院を建立し、各国の僧侶が駐在しています。日本寺では朝夕に座禅の指導もしています。駐在の僧侶も気軽に質問に応じてくださいます。

夕食は宿泊レストランにてお召し上がりいただきます。
【ブッダガヤ 泊】

8 ブッダガヤ ホテルにて朝食後、ヴァラナスィへ。(途中、お弁当で昼食。)
ヴァラナスィ ・サールナート(初転法輪の地)観光
ブッダガヤで悟りを得た仏陀はそのまま涅槃に入ろうとしていましたが、梵天の「悟った真理を衆生のために説き聞かせて欲しい」との懇願(梵天勧請)を受け、サールナートにいるかつて苦行を行っていた時の仲間の修行僧5人に法を説く決意をし、悟りを得てから初めての説法を行いました。宿泊ホテルにチェックイン。
夕食は宿泊ホテルレストランにてお召し上がりいただきます。
【ヴァラナスィ 泊】
9 ヴァラナスィ 早朝、ガンジス河日の出クルーズへ。
(ご希望によりヴィシュワナート寺院に立ち寄ります。)
ホテルにて朝食。ヴァラナスィ市内観光
*バーラト・マータ寺院
*ドゥルガ寺院  ・・・等
(ヒンズー教の聖地であるヴァラナスィの寺院内部はヒンズー教徒のみ入場可能なところが多いので、外観のみ見学の場合もあります。)ホテルレストランにて昼食。
ヴァラナスィ鉄道駅へ。
寝台特急列車にてアグラへ。
夕食は列車内で車内食をお召し上がりいただきます。
【車中 泊】
10 アグラ 早朝到着後、専用車にてホテルへ。
ホテルにチェックイン後、ホテルレストランにて朝食。
午前:休憩(自由行動)
ホテルレストランにて昼食午後:アグラ市内観光:
*タージ・マハル
*アグラ城夕食は宿泊ホテルにてお召し上がりいただきます。【アグラ 泊】
11 アグラ 終日自由行動。
【ホームステイ】
デリー 市中レストランにて昼食後、デリー市内観光&ショッピングへ。
*インド門
*大統領官邸
*国会議事堂
デリー空港発 空港へご案内
【機中 泊】
12 日本着 お疲れ様でした。

 

 

 

 

ご利用ホテル - HOTEL OPTION -

 

ご利用ホテル
都市 スタンダード アップグレード
デリー グッドタイムズ、ゴータマデラックス 等 アショカカントリーリゾート、シティパーク 等
サラバスティ マハマヤ 等 ロータスニッコー 等
ルンビニ パワンインターナショナル 等 ニルワナ、ニュークリスタル 等
クシナガル ロータスニッコー、ホテルインペリアル 等 ロータスニッコー、ホテルインペリアル 等
パトナ チャナキヤ チャナキヤ
ブッダガヤ シャシーインターナショナル 等 ロータスニッコー 等
ヴァラナスィ ホテルインディア 等 ホテルクラークス、ジーラス 等
アグラ プシプヴィラ 等 ホテルヤムナービュー 等

※同等ホテルしかない場合は、同じランクのホテルにご宿泊いただきます。

ご旅行条件 - NOTICE-

 

最少催行人員 2名
出発日 毎日出発(通年)
利用航空会社 含まれておりません。(別途、ご希望により手配いたします)
旅行代金(概算) スタンダードホテルご利用…122,000円~ (お一人様)
アップグレードホテルご利用…142,000円~ (お一人様)
お一人様ご利用追加料金 スタンダードホテルご利用:30,000円~
アップグレードホテルご利用:45,000円~
添乗員 ・同行しません(現地係員がご案内いたします)
・日本からの添乗員同行はご参加2名様以上で承ります。
・添乗員付き料金についてはお問い合わせください。
費用に含まれるもの ・初日と最終日の空港送迎
・行程表に含まれる現地宿泊・食事・陸路移動・観光
・現地日本語エスコート
・行程中必要となる現行税金
費用に含まれないもの ・航空運賃及び空港使用料、保険等
・スチールカメラ/ビデオカメラ持ち込み費用
・日程表に記載のない観光・移動
・電話・洗濯・飲物代(ミネラルウォーター含)等の個人的性質の諸費用
・ホテル・ガイド・ドライバー・ポーター等へのチップ
その他&ご注意 ・お一人様でも参加可能です。お問い合わせください。
・上記モデルコースのお値段となります。観光内容、オプションの組み合わせにより異なります。

 

 

ツアーカテゴリー:インド 世界遺産

ツアー関連タグ: , , , , , , , ,

ページ上部へ戻る

 

オーダーメイドの旅行なら株式会社キャプテンツアーズ!ご気軽にお問い合わせ下さい。

電話:03-5510-9101(平日 10:00~18:00) FAX:03-5510-9104

住所:東京都港区西新橋1丁目14番12号イーグル西新橋ビル7階 地図を見る

24時間お問い合わせフォーム: お見積もり 総合お問い合わせ